2012年02月14日

チラシの裏「むかーし作ったカードゲーム」

 
 
自分のTL上では今カードゲームが密かな盛り上がりを見せています。
マジックザギャザリングや遊戯王はよく目にしますが、
先日関東の方々が集まってプレイされた主なゲームは
『汝は人狼なりや?(なんじはじんろうなりや?)』というものでした。

カッコイイ名前じゃないか!

早速ネットで調べましたらば案の定初めて見るデザインで
というかリデザインが多彩でどれがオリジナルなのかわからない…
しかしそれだけ沢山の人に愛され、またローカル含め
柔軟性に富んだルールだからこその所以でしょう!
(※人狼については→こちら

フォロワーさんの方々がカードゲームに乗じた御身はust配信され
それをいいなあ楽しそうだなあとハンケチをキーッとくわえてたわけですが
そこで昔自分も小学校の頃カードゲーム作って遊んだなーと思い出し
これを機にブログで記憶を遡りながらご紹介しようと思います。
決して参加できないから悔しくて恨めしくてということではありません。



さていきなりですが鼻くそを穿っては食べ穿っては食べを繰り返していた当時に描いたカードをできる限り再現してみました。
これです

card1.JPG
ドーン!

今回は便宜上ガレタムを描きましたが当時はここに「ぼくのかんがえたさいきょうの(ry」がいました。もちろん割愛しました。


では順番に説明してみますね。
このゲームは数十種類あるカードから好きなキャラを選び1対1でサイコロを用い遊ぶゲームです。
サイコロで先攻後攻を決めます。
先攻はサイコロを1回振り攻撃行動をします。
後攻は回避行動のサイコロを1回振ります。
これで先攻フェイズ終了です。
あとは同様に後攻がサイコロを振り先攻が回避行動云々…
これを繰り返して相手のキャラ横にある『HP』を先にゼロにしたほうが勝利となります。

次は表記の説明です。
『HP』の下に並んでいるのが『かわす』『ガード』『みきり』です。
相手の攻撃が確定したあと自キャラができる回避行動です。
『かわす』はダメージゼロ、
『ガード』はダメージ半減にできます。
ガレタムの場合「2」が出ればダメージを食らわずに自分の攻撃に移れます。
『みきり』は後述します。


小汚い字が並ぶ下に移動しますと自キャラができる攻撃行動が表記されています。

card2.JPG
ベベン!

攻撃時に出た目が各攻撃行動となります。
ガレタムを例としますと「1」ならダメージが80のビームライフルです。
「3」はちょっと特殊で2ターンの間回避行動時にサイコロを2回振れます。
1回目でガードもかわすもできなくてももう一度振れるわけですからなかなかおいしいかもしれません。

さて、それぞれの行動横にあるプラス(+)の表記。
これはその行動をした分だけ溜まる格ゲーでいう『ゲージ』です。
これが一定値達すると特定の攻撃行動、例えば「1」と「6」が『必殺技』に変化します。
条件は厳しいですが『必殺技』はかなり強力!
使用できる頃にはHPも減っていますし一撃喰らうとほぼ即死に設定していたと思います当時。

おいおいじゃあ必殺技即発動キャラ最強じゃねえかとなるのですが、
ここで『みきり』の存在がでてきます。
『みきり』は『必殺技』にのみ効果のある回避行動で、
『かわす』とほぼ同等の意味を持ちますが『みきり』で必殺技をかわした場合自分のゲージもMAXに!
次の攻撃からは自分も必殺技で攻めることができるのです。
「『みきり』でピンチをチャンスに変えろ!」と当時言ったかどうかは覚えていません。

『必殺技』に対して『かわす』『ガード』『みきり』と回避側は多くの防ぎ方ができ
攻撃側にとっては通常攻撃より当たり辛くなりますがその分脅威の攻撃力を誇るので、
大味ながら色々とバランスはとれていたのかなと思います。


キャラの中には「ガードはないけどかわすが2個ある」や「通常攻撃がゲージ溜めしかないが必殺技がカオス」など、
多彩なキャラが多くいた記憶があります。
そしてなによりこのゲーム、ある程度のバランスを守っていれば
自分でキャラを作り参加することも可能だったことです。
勿論数値的に完全な強キャラもいたと思いますがそこは小学生らしさということで。


細かなルールや仕様変更によりこの絶妙なバランスに辿りついたことは、
みんなが一緒に考え、遊び、楽しんだ故の結晶かもしれません。
クリエイティブしてたなあ;

カードの裏に勝ち星を書き「どいつが強いのか?」を討論したり、
思い出せば枚挙に暇がないのでとりあえずこのへんで。
いかがでしたでしょうか?
みなさんも久しぶりにカードゲームをやってみたら面白いかもですよ! 
 
 
 
【関連する記事】
posted by なまぐさ at 00:31| Comment(0) | ゲームネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: